はまゆうの犬・ぱそ・ぶろぐ

犬大好き人間のパソコンと食べ物、日々の日記です。
弟よ、君もか!・・今度は亀田大毅
亀田兄弟の弟の試合、またもや微妙な判定勝ちだったらしい。
兄の試合も見ていないけれど、弟の試合も見ないまま。
けどね〜、弟よ、君もか〜!

つまりは、日ごろ噂をされていたように大した力量もないのに大口を叩いているだけというのは本当だったんだね。
強くて、KO勝ちができるのなら、さっさとやってくださいな。
もしかして、そんな力なんて全然ないのかもね〜

しかもその判定に対する野次に、その父親と言う大人が乗ってしまうなんて、情けない。
本人が野次に熱くなるのは分かる気もするが、それをなだめる役の父親?が先に熱くなるのはお粗末。
もう少し、品格を期待したいけどな〜
| スポーツ | 00:53 | comments(0) | trackbacks(3) | pookmark |
真の強さ・・・亀田 興毅
忙しいのもあって、世間を騒がしている亀田 興毅の試合が既に行われたのを昨日、新聞を読んで初めて知った。
記事の内容は 誰が見ても完全な負け試合だったと厳しい批判に終始していた。
home decisionが存在するとは言え、1ラウンドでダウンしてしまった上に、終始相手が優勢な状況で、判定が勝ちと出ても手放しでは喜べない。

19歳の若いお兄ちゃんが何百億もの経済効果をもたらしているらしいので、携わっている人達にとっては余りにも分かりやすい思惑があるに違いない。

そして、ただの視聴者である一般の人にも笑っちゃうほど簡単に、そこら辺りの事情は分かってしまっている。
だから負けると言う結末は最初からないのだろう。
でもね〜あまりにも酷い裁定だと俄かファンはすぐに引いてしまう。
熱しやすく覚めやすいものね、人って。。
結局本当に強いってわけではない、作られたヒーローであるのがはっきりしたと言うことかしら。
それを払拭するには同じ人と闘って勝つしかないよね〜。
| スポーツ | 22:16 | comments(4) | trackbacks(4) | pookmark |
ウッズとファルドとプライス
全英オープンの一日目、同じ組でウッズとニック・ファルドが一緒に廻っていた。
面白い。
以前、ニック・ファルドはタイガー・ウッズのフォームのことを批判したことがある。
口をきくんだろうか・・(^_^)と興味深々。。

ティーショットを打つ前に 二人は握手したあと、黙々とプレーをしていた。
ファルドは途中、崩れてしまったけれど、タイガーの方は結局2日目を終わって12アンダー、どうも調子良さそうである。

ニック・ファルドのフォームは綺麗だし、昔から大好きな選手だ。
けれど、非常に頑固でファンに対しても友好的ではなく、気難しさがファルドの代名詞のように感じるほどだった。
ファルドが全盛のころ(今から10年くらい前)ニック・プライスのゴルフもすごかった。
プライスはファンを大事にする、アメリカ的で明るいイメージの選手。
同じニックなのに、全然違う二人。

そんなころ、プライスがファルドに、
「ゴルフを止めた後の人生が長いことを常に考えるべきだ、そのためにもファンを大事に、愛想よく、考え方を変えた方が良い」
と忠告したそうだ。
その話を聞いて、いかにもニック・プライスらしいな〜と思った。
そして、ファルドにそんな事を(アドバイス?)を言えるのは、実力者ニック・プライスだからこそなのである。

ニック・ファルドのカッコイイクールなゴルフも大好きだけれど、ニック・プライスの温かみのあるゴルフも素敵だ。

暫くウッズは調子悪かったけれど、ここへ来てまた復調してきている。
やはりタイガーの時代なのかな〜。

ファルドは来年シニア入りだそうだ・・


| スポーツ | 00:57 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
ジダンは頭突きで歴史に名を刻む?
やっと、ジダンの会見をテレビでみました。

さてさて、ジダンの頭突きの話しがここまで大きくなってしまうとは・・・

フランス対イタリア戦、サッカーの試合としては、息詰まるほどの熱戦だったことは間違いないのですけれどね〜。
私は、イタリアが今の状況でここまで勝ち進むとは思っていませんでした。
リーグぐるみの八百長、政界にまで飛び火するほどのすったもんだがある中で、チームとして機能するのかどうか・・

それに比べて、ジダンが引退するということで、あそこま力が結集して更に一戦一戦強くなっていく感じのフランス。
ジダンの技術も、すごいと唸ることばかりで、引退はもったいないの一言・・
辞めないで欲しいなとマジに思います。<言っても仕方ないけど。。

今回のワールドカップ、何しろ決勝戦にブラジルが居ないなんてことも全然予測していませんでしたし。
ドイツワールドカップの全てがジダンの頭突きで終わるってのも、悲しいと思います。
ただ、そう言いながら、非常にクレバーなイメージのジダンの疲れがピークに達していて、あの行為を引き起こしたかと思うと、彼の人間臭さが感じられて、嬉しくもあります。
だって、そんなジダンのことを誰もが思い出す大会になるのですから・・
そう考えると、それもまた特別で面白いかも知れないと思うのです。
そこには計算もなければ、冷静な判断もない。
ワールドカップの決勝戦で勝ち進むことは体力や気力の限界への挑戦なんだと改めて考えさせられます。
4年に一度のチャンス。
その中でゲームに参加できることの特別な思い、あのヒデが試合が終わった後、ずっと芝生の上に寝転がって天を仰いでいた姿が重なります。

マテラッツイの野次がどの程度下品だったか、ジダンも具体的に会見で言っていなかったので分からないけれど、取り沙汰されているように、お母さんやお姉さんのことだったらしい。

点が入りそうで、入らない、イライラと疲れ、尋常でない精神の高ぶりの中では、冷静な判断はできなかった・・・
マテラッツイの暴言はその引き金になっただけ。

ジダンは怒って、手を出さずに、頭を出す・・
実は、私はこれに一番驚きました。
普通なら、相手をコブシで殴るでしょうに。
サッカーの選手にとって一番の武器はヘディング??

FIFFAがMVPを決めたのはこの頭突き以前だったらしい。。
だからと言ってMVP取り消し?
う〜〜む。。何ともね〜

| スポーツ | 17:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ジダンの頭突きの真相?
ジダンはMVPに選ばれた。
確かにそれだけの活躍をしたと思う。
でも、今話題に上るのはジダンの頭突きばかり。
面白いもので、イタリアの優勝のことが霞んでしまっている。
そして、更に、マテラッツィが何を言ったのかが取り沙汰されている・・(^_^)
みんな知りたいことだ。
アルジェリアの移民の子のであるジダンに対して、アルジェリアの卑怯なテロリスト等と言った?
それともジダンの姉妹のことで非常に侮蔑的なことを言った?

そして、それに対してマテラッツィはそんな事など言っていないと反論しているそうだ。
近日中にジダンがコメントするそうだけど。
真相は読唇術を使わなくとも、明らかになるのかしら・・
いえいえ、言った言わないの水掛け論になるのではないかと危惧する次第。
| スポーツ | 01:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
イタリア優勝・・・ジダンの頭突き
今度のワールドカップドイツ大会はPK戦ばかりを見てきたような気がする。
決勝戦までこうなるとは。
それだけ力が拮抗していたのは間違いない。
実力も勝利に対する気迫も。
ただイタリアはワールドカップ前に八百長疑惑でもめていたし、正直言って最初からあまり期待していなかった。
なのに、終わってみれば優勝。
分からないものだ。

マテラッツィはジダンに何を言ったんだろう・・
しかしジダンのあの頭突きはすごい威力だった。
何しろマテラッツィが吹っ飛んだんだから・・

きっと読唇術を駆使して、どんな会話があったかどっかの誰かが解析するんじゃないかな〜
この試合が最後のプレイになるジダンが冷静さを欠くような行動に出たんだから、よっぽどのことだったんだろう。


| スポーツ | 12:46 | comments(2) | trackbacks(3) | pookmark |
日本人審判が三位決定戦で笛を吹く!
ワールドカップも大詰め。
三位決定戦を朝方4時から見ようと、テレビのスイッチを入れ、始まったのも目で確認したはずなのに、その後の記憶がない。
悔しいかな眠ってしまった。
残念。
そして、不覚にもレコーダーにも録画していなかった。
残念。
この上はテレビ放送の録画版を見るしかない。
どうしても、日本人の初の決勝戦の審判に選ばれた、上川主審と広嶋副審の晴れ姿を生で見たかったのに
残念。
審判の定年は45歳だそうだ。
川上徹主審は43歳、広嶋禎数副審は44歳なので、最後のW杯の審判になるということだ。
決勝トーナメントの審判は1次リーグでの審判のできを見て選ばれる。
二人とも、ポーランド―エクアドル戦、イングランド―トリニダード・トバゴ戦で主審と副審を勤めた。
毅然としたその采配を見たい・・ワクワク♪

ともあれ、試合は応援していたポルトガルがドイツに敗れてしまった。
カーンが素晴らしいセーブをしたようだ。
すごい37歳・・
レーマンとカーンはともに37歳、最初カーンがこの大会で正GKではなかったので驚いたのだけれど、アルゼンチンとのPK戦での好セーブを見て頼りになるキーパーであることを納得。
レーマンは相手チームのメンバー、一人一人の癖をしっかり分析し、その結果を小さいメモにしてソックスの中に入れていた。
だから、的確に相手が蹴る方向に身体を飛ばすことができたのだ。
その時も驚いた・・あのセーブは動物的感だとか動体視力とかのフィジカル要素だけではなかったのだ。
そのレーマンが控えでカーンが最後の試合のGKを・・・そして、フィーゴも引退を表明している。

色々な見所のある、三位決定戦。
今夜の録画放送をしっかり見なきゃ。


続きを読む >>
| スポーツ | 17:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ヒデの引退
突然の鮮やかな引退。
ヒデはかっこよすぎる。
せっかくオシムジャパンが誕生するのに。
彼は中心にいなければならないプレイヤーだったのに。

いえ、いくら言っても何も進まない。
彼が決めたこと。
前言を翻すことはないだろう。
決めたことを口に出す。口に出したら、変わる事はない。
「武士に二言はない」
samurai


武蔵や小次郎が居たら、ヒデのことを何と評価するだろう。

| スポーツ | 16:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4強決まる!イングランド・・さようなら・・え?ブラジルにもさようなら?
サッカーって分かりません。
イングランド、PKで敗退・・
え〜〜〜!!
え〜〜〜!!まさか、ブラジルまでも?

ベッカムが傷ついて、後半戦の最初でリタイアした時のあの顔・・涙で悔しそうでした。
中田ヒデの落胆の様子とダブって見えました。
その上に、そのすぐ後、ルーニーがレッドカードなんて、泣きっ面に蜂・・痛いよ。
頭が悪いと悪口を言われるルーニーですが、ガッツと若さと技術は絶対間違いないものを持っています。
PK戦になってしまうと、やはり、ベッカムと彼がいないと困ります・・

フランスが強いのはやはり、ジダンがいるからだと痛感しました。
ブラジルが敗退するかもしれない、もしかして、と言う気がしてました。
ジダンが絶好調ですし、年齢を感じさせないあの動き。。
すごい、上手い!もしかして、もしかして・・。
ジダンがこんなに活躍するとは思っていませんでした。
フランスチームはジダンがいないと始まらないということでしたが、そんなことない、ジダンの
代わりはいくらでもいるはずだ・・・
でもね、ジダンはやっぱろ違うのですね。
彼の代わりは彼にしかできない。
南アフリカ大会でもジダンの姿を見たい。。無理かしらん。

ブラジルが敗退したことで、いかに上手い個人の技術があっても、サッカーは一人ではできないんだな〜とズッシリ感じました。
そして、ジダンの活躍を見ると、上手い個人の存在もまた無視できない。
全てが上手くかみ合う必要があるのですね・・当たり前のことなんだけれど・・

アルゼンチンが敗退、ブラジルが敗退・・
ドイツ、イタリア、ポルトガル、フランスが4強・・
見事にヨーロッパ勢が残ってしまった・・
これも、あまり面白くないなぁ。。<非常に身勝手ですが。

それから、ブラジルのパレイラ監督が試合後に
「ブラジルが敗れる時、責任は必ず監督にあるということだ」

ジーコもブラジル人だけどなぁ・・・
| スポーツ | 15:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
サッカーは格闘技?
イタリア対オーストラリア戦・・・中々均衡が破れない。

昨日ベッカムの華麗なFKに喜んだけれど、それ以外は何とも・・ムムムと思いつつ試合を見ました。

残念なことにポルトガルとオランダ戦を見損なって、寝てしまいました。
朝仕事があったので仕方ないのですが。。
後で試合のダイジェストを見てビックリ・・
壮絶と言うか、恐ろしい気迫と言うか。。

スイス対ウクライナは元々興味ないし・・(^_^)<怒られそう

オランダってあんなサッカーをするんだっけ?と驚いてしまいました。もう少し紳士的なサッカーをすると思っていたので、目を疑いました。そりゃポルトガルも怒ります。
ハイティンガよ、ボールを返さないのはそりゃないでしょ!
え〜っ?と思ってしまった。デコも怒るよね〜
ま〜とにかくサッカーは格闘技、いえ、戦争だと思いました。
あそこに、中村俊輔を入れて鍛えなおして欲しいと思ったのは私だけかしらん。

さて、イングランド優勝を最後まで諦めない私にも、オーウェンが駄目だと、いくら吠えるルーニーがいても駄目かな〜と認めないといけない・・
が・・・やっぱり、ベッカムがいる。
体調が悪かろうと、31歳だろうと、あれだけ走り回れるし、ここと言う時、あのFK・・・やっぱ、分からない。。サッカーは何があるか分からない。

ポルトガルだって、あのオランダ戦を見ると優勝してもおかしくない。

順当に、ブラジルが勝つなんてトンでもないと信じたいなぁ〜
ドイツのクローゼはまだまだ見ていたいしなぁ・・


| スポーツ | 00:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
RECOMMEND
ホリエモンへの手紙
ホリエモンへの手紙 (JUGEMレビュー »)
デジタルメディア研究所
ホリエモンバッシングの真っ最中に私も文章を書きました。
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE