はまゆうの犬・ぱそ・ぶろぐ

犬大好き人間のパソコンと食べ物、日々の日記です。
<< ドラリオン福岡公演 | main | トイレに人間を捨てる? >>
NECパソコン2003年モノ
友人の2003年製NEC VALUESTARの調子が悪く買い替えようかなと言う。
最初は様子を見て、暫く考えた後買うのかと思っていたのだけれど、気が早く、決断の速い普段の性格の通り、あっという間に新しいパソコンをゲットすることになったようだ。
話をしているうちに古い方はもう要らないから、私に送ると言ってくれた。
調子が悪いパソコンの調子?がどんなものなのか見てみないと分からないけれど、掃除をして再セットアップすれば何とかなるのではないかと思う。
最悪の場合、メモリーを変えたり、HDDを取り換えれば多分大丈夫なはず。

そして、私の思うより早い展開のもと、パソコンが送られてきた。

HDDは¥Cと¥Dに分けてはあるものの、やたらに¥C領域が大きい。
そこで、¥Cを一応40GBにして、再インストールをすることにする。
パーテーションを分ける

工場出荷時に戻すシステム復元のCDを順番に入れていくだけの単調な作業が続く。
CDは全部で9枚。
HDDに埋め込んであったものを、友人がしっかりCDに焼いてくれたようだ。
このシステム復元CDもメーカーに頼むと有料らしい。
しかも、この復元のCDはシマンテックのノートンゴーストで作られたものだった。
なるほど、私達が自分のパソコンの全てのバックアップをとってシステム領域以外のHDDに保存しておくのと同じなんだ。
因みに私の場合はAcronis True Imageでバックアップをとっている。

9枚のCDを入れ込んで、クリアインストール完了。
すぐにセキュリティソフトを入れて、LANに繋ぎバージョンアップをし、いよいよXpの更新にかかる。

2003年からほぼ5年分の更新を一気にやるのは大変な時間を要する。
インストールしては再起動を繰り返す。
延々と時間を費やしながらSP3まで更新をする。
ほぼ、半日がかりで全てが終わって、要らないものを全て消し、スッキリ爽やかなパソコンに変身。
蘇ったパソコン
スペックもまあまあだし、メモリも512を積んでいる。
一応このまま使って、おかしいようなら、また色々考えることにしよう。

そうそう、後で聞いた話、SP3を先に入れてしまえば(SP3にSP2以前まで全てを梱包しているらしい)簡単だったという。
ふぅ・・疲れがド〜ン。

| パソコン・PC・インターネット | 19:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
RECOMMEND
ホリエモンへの手紙
ホリエモンへの手紙 (JUGEMレビュー »)
デジタルメディア研究所
ホリエモンバッシングの真っ最中に私も文章を書きました。
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE