はまゆうの犬・ぱそ・ぶろぐ

犬大好き人間のパソコンと食べ物、日々の日記です。
<< 春眠暁を覚えさせてくれるのは・・ワンコ | main | チビラのマーキング >>
葉桜見物・・・桜の大木に穴
出先での用事を済ませて、少し時間があったので、近くの桜並木を見物に行く。
葉桜
桜は葉桜に変わっているものの、はらはら舞い散る桜の花びらを充分に楽しむことができた。

歩きながら、桜の大木の殆どの幹に大きな洞ができていることに気がつく。
洞のできたソメイヨシノの大木

穴のあいた桜でも、枝はしっかり伸びて、花も見事に咲いている。
その姿は健気で、感動ものだ。

家に帰った後、ソメイヨシノが不稔性(種ができない、接木でしか増えない)であることを知ってびっくり。
つまり、今日本中に咲いているソメイヨシノは全てクローンだということである。
そのせいで寿命が短く、60年寿命説というものがあるそうだ。
詳しくはウィキペディアのソメイヨシノの項目を参照のこと。

また、台木に接木することで、心材腐朽菌がソメイヨシノのを蝕むのだという説があるらしい。
しかし心材が腐ることで幹を支えることができなくなり、倒れてしまえば寿命が尽きたと言わなければならないだろうが、洞があいてしまったイコールこの木がもう駄目だという事にはならないらしい。
桜の衰退と腐朽に紹介されている。

私が見た、痛々しくも見事に咲いている桜の大きな大木は元気な桜だということになるんだろうか。
樹木の心材が腐って洞になっても、見事に生きている。
倒れない限り、切る必要はない。。でも、台風が来たらきっと倒れてしまうんだろう。
桜の洞
ソメイヨシノを「桜」と呼び、春になれば開花宣言に一喜一憂し、咲くのが当たり前というほど身近な木が、実はいつ朽ちて倒れてしまってもおかしくないなんて、あまりにも儚ない。
60年寿命説が正しいとすると、戦後に植えられたソメイヨシノは、そろそろ全てなくなってしまうかもしれない。

ただ、今日歩いた桜並木も、苔むした桜の大木と、新しい若い桜の木が混在していた。
少しずつ世代交代をさせているのだということなんだろう。

写真は全て携帯電話のカメラで撮影。(by905SH)
デジカメを持っていかなかったので、仕方なく。
| 日々雑感・dairy | 15:53 | comments(2) | trackbacks(2) | pookmark |
コメント
あみママ、こんばんは〜
葉より先に花が開いて、しかも一斉に咲き一斉に散る。
元は一本の木からクローンを作ってここまで増えたのが
ソメイヨシノなんだものね〜
でも里桜の殆どがそうだって言うのだから、なんだか感慨深いよね。
種のできないソメイヨシノ。
色の薄いのは元々の性質みたいですよ〜
エドヒガンとオオシマザクラ共に薄い色の花だから。
| はまゆう | 2007/04/12 12:31 AM |
ソメイヨシノは東京で作られた江戸っ子の思考にあった桜なのでしょうね。
散ぎわを大切にした?

木にも寿命があるのですよね〜このところのソメイヨシノの花びらは色が薄くなったと思っていたのですが・・
寿命に関係があるのかな?
| あみママ | 2007/04/11 11:45 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hamayublog.sq-co.com/trackback/516039
トラックバック
柴犬
柴犬は純粋な日本犬で、昭和11年に天然記念物に指定されています。柴犬以外にも、秋田犬や紀州犬など、6犬種が指定されていますが、その中で柴犬は唯一の小型犬です。狩猟犬や番犬として外で飼われることが多かった日本犬も、最近は室内飼いする人が増え、日本の住宅事
| 柴犬大好き! | 2007/04/14 9:49 AM |
フコイダンとピロリ菌
フコイダンが胃がんや胃潰瘍、胃炎をはじめとする胃の病気に対して有効に働くのは、フコイダンの硫酸基...
| フコイダン がん効果に注目 | 2007/04/10 1:28 AM |
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
RECOMMEND
ホリエモンへの手紙
ホリエモンへの手紙 (JUGEMレビュー »)
デジタルメディア研究所
ホリエモンバッシングの真っ最中に私も文章を書きました。
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE