はまゆうの犬・ぱそ・ぶろぐ

犬大好き人間のパソコンと食べ物、日々の日記です。
<< ジダンは頭突きで歴史に名を刻む? | main | ウッズとファルドとプライス >>
CATS劇場でCATSを観劇する
仕事で上京しましたが、日程が少しずれた為に一日早く出発しなければならず(飛行機のチケットが取れなかったため)、そのお陰で嬉しい誤算がありました。
何と劇団四季のCATSの観劇ができたのです。
友人がチケットを取ってくれたので叶ったCATS観劇 なのですが、思ってもいなかったことだったので嬉しさも一入。

噂の回転席を取りたかったと友人が言うのですが、そんな贅沢なんか言えません。それでも二階席の一番前の列で満足の舞台を堪能できました。
席が一番前だったこともあって、何度も前の通路を猫ちゃんたちが行ったり来たり、ちゃんと握手もしてもらえました。
小さいCATS専用の劇場だからこそ、出演者と観客が一体になれる趣向・・配慮が嬉しくなります。
猫の目線で見たと同じ大きさに作られている、小道具などの精巧な作りも非常に興味をそそられました。
いや〜、良いもんです、生の舞台って。

グリザベラの素晴らしい「メモリー」を聞いて涙が溢れ、ミストフェリーズ(蔡 暁強)のクルクル回るジャンプにビックリ。。
人間が猫そのものに見える。。すごい〜

ミストフェリーズ
グリザベラは早水小夜子さん(宮崎出身の方)で相変わらずの声量と存在感でした。

それにしても、驚いたのは制服姿の高校生が多かったこと。
今まで色々な観劇をしてきましたけれど、一度だけ宝塚大劇場で女子高校生の一団に出くわしたことがあるくらいでしたので、たくさんの男女混合の高校生達にビックリしました。
私は修学旅行の一環なんだろうかと思ったのですが、後で聞いた話によると、学校の行事で観劇に来ることもあるんだそうです。
非常に羨ましいことです・・(^_^)
結構良い席で観ていましたね〜、彼らは。
もう一度、羨ましい〜。。
| 舞台・映画 | 15:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hamayublog.sq-co.com/trackback/307378
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
ホリエモンへの手紙
ホリエモンへの手紙 (JUGEMレビュー »)
デジタルメディア研究所
ホリエモンバッシングの真っ最中に私も文章を書きました。
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE